どんな印鑑が実印登録できるのか

実印登録できる印鑑の条件

実際には「どんな印鑑が印鑑登録できるのか」というよりも、印鑑登録できない印鑑以外なら、登録できるという方がわかりやすいです。

以下に一般的に実印登録できないものを列挙します。

こんな印鑑は印鑑登録できません

市区町村により細部が異なりますが、おおよそ共通して以下のものは登録できません。

  • 認印などの工場で大量生産された既製品
    ⇒自治体により可否が異なります。詳しくはお住まいの役所へお問い合わせください。

  • 印面がゴムの印鑑(シャチハタ等のインキ浸透印を含む)

  • 朱肉ではなく、インクを利用しているもの
    ⇒インキ浸透印(シャチハタ等)は登録できません

  • 氏名以外が記載されているもの
    ⇒職業、絵柄等の記載はできません

  • 住民票に記載されている「氏名」、または「姓」と「名」のいずれも表していないもの
    ⇒旧字、正字の違いは許容されますが、トラブルになることもあります。ご留意ください。

  • 既に他の人が登録しているもの
    ⇒家族での実印共有等、1つの実印を複数人で共有するような使い方はできません。

  • 外枠の無いもの、外枠の欠けているもの

  • 印影が不鮮明なもの、文字が判読できないもの
    ⇒崩し文字等、意図的に読みにくくしたものは登録できません
    ※難読化された書体はある程度使える書体が決まっており、あくまでも漢字として判読可能なものである必要があります。

  • 印影が小さすぎるまたは大きすぎるもの(8 mm四方を下回る、または25 mm四方に収まらない)
    ⇒自治体によって実印登録可能なサイズは変わってきますので、ご注意ください。
    しかし、通常は過剰に小さくしたい・大きくしたいという希望が特にない限り、気にする必要はありません。

これらの制限に加え、自治体によりその他の制限がある場合があります(認印の登録可否含め)。

お住まいの地域の役所により他にも実印登録できない条件が異なることがありますので、詳しくは住民票のある役所へご確認ください。