目的別ゴム印

目的に沿ったゴム印

いつ、どこに、どんなゴム印を押しますか?

目的によってどんなゴム印がおすすめかは変わります。
いくつかのケース別におすすめのゴム印をご紹介します。

 

領収書に住所印(ゴム印)を押す

おすすめのゴム印:のべ台(住所印) / 組み合わせゴム印 / P台

主に必要な内容は、社名又は屋号・住所・連絡先があれば良いでしょう。
個人名(代表者名)はなくとも良いですが、個人事業主で屋号を登録していない場合は個人名は必要です。

 

 

小切手に住所印(ゴム印)を押す

おすすめのゴム印:のべ台(住所印) / 組み合わせゴム印 / P台

主に必要な内容は、社名又は屋号・住所・代表者名があれば良いでしょう。
電話番号等の連絡先は不要です。
内容自体は住所印とほとんど変わりませんが、小切手に押すゴム印は小切手印とも呼ばれています。

 

 

書類の枠の中にゴム印を押す

おすすめのゴム印:のべ台(1行物)

例えば書類幅7cm×高さ1cmの枠内に押したい場合、幅、高さを指定してゴム印を作成できます。

ゴム印作成 枠内に押す

 

この例では、幅7cm髙さ1cmよりも短く作成することで押しやすいサイズにしています。

ゴム印作成 枠内に押す例

ゴム印注文時のサイズ指定に関してはこちら↓

ゴム印

 

書類の枠を複数またいでゴム印を押す

おすすめのゴム印:のべ台(複数行) / P台

いっぺんに複数の枠内に必要事項を書きたい場合にも、ゴム印は有効です。
例えば以下のような枠があった場合

ゴム印作成 枠を跨いで押す

この内容を一つのゴム印に作れば、1回押印するだけで必要事項の記入が終わります。

ゴム印作成 枠を跨いで押す例

 

 

はがき(差出人)にゴム印を押す

おすすめのゴム印:風雅印 / のべ台(複数行)

はがきの差出人部分をゴム印にする場合にもゴム印は便利です
のべ台で作っても良いのですが、風雅印だとより高級感があります。

風雅印サンプル

風雅印サンプル

 

勘定科目をゴム印を押す

おすすめゴム印:科目印(既製品) / のべ台(1行物)

一般的な勘定科目は既製品を店頭販売しております。
一致する科目が無い場合でも、のべ台としてご注文頂けます

 

 

日付の入った領収印を押す

持ち運ぶ場合のおすすめ:シャチハタ(浸透印)
据え置きの場合のおすすめ:データ印(ゴム印) / シャチハタ(浸透印)

日付の入った領収印を押したい時に便利なのがシャチハタ(浸透印)です。
もちろん据え置き型でもシャチハタタイプのものはありますので、ご相談ください。

データ印配置イメージ

 

書・絵画等の作品に押す

書や絵画を嗜む方で落款印が必要になった場合、きちんとした木や石で作る落款印もありますが、ゴム印で簡単に作るという手もあります。